2019年度のログ

4回生ゼミ

  • Modern Elementary Particle Physics: Explaining and Extending the Standard Model, G. Kane, Cambridge University Press
  • 経路積分法-量子力学から場の理論へ- M.S.スワンソン著 青山秀明 川村浩之 和田信也 共訳 吉岡書店

修士論文

  • タキオン真空における世界面の構造について 津田明日華
  • モジュラ―不変性から探る余剰次元模型のフレーバー対称性 渡邉莉紗

卒業研究

  • EHTとブラックホール探査
  • 経路積分法を用いた自発的対称性の破れ
  • 統計力学における経路積分

学会・研究会発表

  • “アノマリーをもつ4次元超対称非線形シグマ模型の1/N展開による解析”, 近藤綾, 高橋智彦, 日本物理学会第75回年次大会, 2020年3月17日, 名古屋大学(現地開催中止)
  • “Improved string amplitudes in operator formalism”, 関穣慶, 高橋智彦, 日本物理学会第75回年次大会, 2020年3月17日, 名古屋大学(現地開催中止)
  • “湯川構造を保つモジュラー部分群とフレーバー対称性について”, 大木洋, 上村尚平, 渡邉莉紗, 日本物理学会第75回年次大会, 2020年3月17日, 名古屋大学(現地開催中止)
  • “開弦の場の理論における数値的「二重ブレーン」解の解析”, 岸本功, 高橋智彦, 日本物理学会第75回年次大会, 2020年3月18日, 名古屋大学(現地開催中止)
  • “4次元超対称非線形シグマ模型における有効ポテンシャルの解析”, 近藤綾,高橋智彦, 2019年9月19日, 山形大学小白川キャンパス
  • “Calculation of Electric Dipole Moments of the Nucleon” (招待講演), Hiroshi Ohki, 2019 Lattice X Intensity Frontier Workshop, September 23, 2019, Brookhaven National Laboratory, NY, USA.
  • “タキオン真空における世界面の構造について”, 岸本功,北出智巳,関穣慶,高橋智彦,津田明日華, 日本物理学会秋季大会, 2019年9月19日, 山形大学小白川キャンパス
  • “余剰次元模型におけるモジュラー対称性の拡張”, 大木洋,上村尚平,渡邉莉紗, 2019年9月18日, 山形大学小白川キャンパス
  • “Computing Nucleon Electric Dipole Moments from Lattice QCD” (基調講演), Hiroshi Ohki, The 37th International Symposium on Lattice Field Theory (Lattice2019), June 20, 2019, Wuhan, China.
  • “Closed string symmetries in open string field theory: tachyon vacuum as sine-square deformation”, Tomohiko Takahashi, International Conference on String Field Theory and String Perturbation Theory (SFT2019), May 9, 2019, The Galileo Galilei Institute for Theoretical Physics, Arcetri, Firenze, Italy.
  • “Computing Nucleon Electric Dipole Moments in Lattice QCD” (招待講演), Hiroshi Ohki, International Molecule-type Workshop Frontiers in Lattice QCD and related topics, April 26, 2019, Yukawa Institute for Theoretical Physics, Kyoto University, Japan.

発表論文

解説記事

2019年度の行事

集中講義のお知らせ

大学院集中講義 「 素粒子物理学特論 」

講師: 伊藤 克美  (新潟大学教育)

日時:2019年 7月31日(水)9:00-
8月1日(木)9:00-
8月2日(金)9:00-

場所: F506 教室
(午後は教室が変わります。7/31 A204教室, 8/1 A201教室, 8/2 B1207教室)

概要: 非摂動くりこみ群の手法について学ぶ。その汎用性の高さを認識するとともに、具体的な例を通じて基本的な概念を獲得する。特に、ゲージ対称性を持つ場の理論への応用について理解する。