2017年度のログ

2017年度の4回生ゼミ

  • 素粒子物理学 井上研三著 共立出版
  • Lectures on Quantum Mechanics, S. Weinberg, Cambrigde

修士論文

  • 超対称南部・Jona-Lasinio 模型における隠れた局所対称性と量⼦
    異常 近藤綾
  • サイン二乗変形とタキオン真空 笠原真由梨

卒業研究

  • 量子エンタングルメント ~場の理論におけるエンタングルメント・エントロピーと量子相転移~
  • 世界面上の幾何学について
  • 弦理論における散乱振幅について
  • 素粒子標準理論における自発的対称性の破れ
  • 一般相対性理論における重力波とその観測
  • 弦の1ループ振幅について

学会・研究会発表

  • |Vus| determination from inclusive strange tau decay and lattice HVP”,
    H. Ohki, Lattice 2017, June 23, 2017, Granada, Spain
  • “Vector profile of classical solutions for constant magnetic field background”, T.Takahashi, SFT@HIT, June 25, 2017, Holon Institute of Technology, Holon, Jerusalem.
  • “格子QCDによる核子構造の研究と標準模型を越えた物理”, 大木洋, 日本物理学会秋季大会, 2017年9月14日, 宇都宮大学 峰キャンパス (invited)
  • “解析接続を用いたインクルーシブB中間子崩壊の格子計算”, 橋本省二, 出渕卓, 大木洋, 金児隆志, Brian Colquhoun, 日本物理学会秋季大会, 2017年9月14日, 宇都宮大学 峰キャンパス
  • “弦の場の理論におけるゲージ場の凝縮解とプロファイル”, 石橋延幸, 岸本功, 増田暢, 高橋智彦, 日本物理学会秋季大会, 2017年9月14日, 宇都宮大学 峰キャンパス
  • “Nucleon Electric dipole moments from lattice QCD”, H. Ohki,  The 7th KIAS Workshop on Particle Physics and Cosmopology and The 2nd KEK-NCTS-KIAS Workshop on Particle Physics Phenomenology, Nov. 10, 2017, KIAS, Soul, Korea
    (invited)
  • “Nucleon Electric Dipole Moments from Lattice QCD”, H. Ohki, 10th International Workshop on Fundamental Physics Using Atoms (FPUA), Jan. 8, 2018, Nagoya Univ., Japan
  • “New Inclusive Decay Analysis with Lattice QCD”, 大木洋, 2017年度基礎科学・国際特別研究員の研究成果発表会, ポスター発表, 2018年1月31日, 理化学研究所, 和光市
  • “B中間子インクルーシブ崩壊の格子計算と摂動的解析との比較”, 橋本省二, 青木保道, 出渕卓, 大木洋, 金児隆志, Brian Colquhoun, 深谷英則, 日本物理学会第73回年次大会, 2018年3月22日, 東京理科大学野田キャンパス
  • “弦の場の理論におけるゲージ場の凝縮解とゲージ不変量”, 石橋延幸, 岸本功, 増田暢, 高橋智彦, 日本物理学会第73回年次大会, 2018年3月25日, 東京理科大学野田キャンパス
  • “超対称南部・Jona-Lasinio模型における隠れた局所対称性と量子異常”, 近藤綾, 大木洋, 高橋智彦, 日本物理学会第73回年次大会, 2018年3月25日, 東京理科大学野田キャンパス

発表論文

  • “On Lattice Calculation of Electric Dipole Moments and Form Factors of the Nucleon”,M. Abramczyk, S. Aoki, T. Blum, T. Izubuchi, H. Ohki, S. Syritsyn, Phys. Rev. D 96, no. 1, 014501 (2017 ), (selected one of Editor’s Suggestions)

2016年度のログ

2016年度の4回生ゼミ

  • 素粒子物理学 井上研三著 共立出版

2016年度の大学院集中講義

  • 素粒子物理学特論 前川 展祐 氏 (名古屋大学大学院)

修士論文

  • ノイズを伴うパラメータ共鳴の解析法について 福田姫子

卒業研究

  • 一般相対論から見た重力波とインフレーション宇宙
  • ダークマターと宇宙の構造形成
  • ヒッグス・スカラー場による質量の制限

学会・研究会発表

  • “Classical solutions for gauge field condensation”, T.Takahashi, String Field Theory and Related Aspects (SFT2016), June 2, 2016, IFT-UNESP, Sao Paulo, Brazil.
  • “弦の場の理論におけるゲージ場の凝縮解”, 石橋延幸, 岸本功, 高橋智彦, 日本物理学会秋季大会, 2016年9月22日, 宮崎大学 木花キャンパス
  • “定常磁場中の開弦と境界条件変更演算子”, 高橋智彦, 数学・物理・情報科学の研究交流シンポジウム, 2016年12月17日, 奈良女子大学
  • “核子(chromo)EDM演算子の格子QCD計算”, M. Abramczyk, T. Blum, 出渕卓, 大木洋, S. Syritsyn, 日本物理学会第72回年次大会, 2017年3月19日, 大阪大学 豊中キャンパス

発表論文